POWER OF SMILE

幸運は案外、待ってるだけでやってくる

とある30代のChange Job 〜 退職からハローワークまで 〜

転職自体は、なんとかうまくいき無職は2ヶ月ほどで終了。

とはいえ、新しい環境にはまだ慣れず日々ストレスが溜まっていく状態。

 

はっきり言って、もう辞めたい度MAX状態です……

 

まぁ、適当にお金稼いでからまた転職しようか、それとも独立でもするか。

転職後の環境になれるまでは3ヶ月ほどかかるというので、3ヶ月経てば今の辞めたい気持ちもあっさり忘れているかもしれないですけどね。

 

ということで、本題。

転職活動の記録を、残しておこうと思い記事に。

 

ちなみに、退職時に何を受け取っておく必要があるとか、保険の事とかそういう細かい事はすでにあらゆる別のサイトや、転職エージェントなどで詳しく紹介されているので、ここでは詳しくは書きません。

単純に、転職活動に対する記録を残しておきたいだけです。

 

何回かに分けて記事にしますが、全何回にするかは気分です。

 

では、以下から本題に

 

事の始まりは、2018年の3月。

約8年間、あるゲーム会社で契約社員として勤めていましたが、契約社員の5年問題で契約終了となり、したくもない転職を余儀なくされました。

 

無期雇用を適用してくれない*1会社で、1年ほど前から契約終了となるだろうなという雰囲気は感じていたものの、なんとか生き残れないかとも思い実績作りに励んでいましたが実を結ばず……無情なものです。

しかし、契約終了になってもあまり悲観した感じはなく、学ばせて貰った事も確かに多くあり、じつは感謝の気持ちのほうが大きかもしれないとか思っていたりもするのです。

まったく思うところがないと言えば、嘘になりますけどもね。

 

兎にも角にも、契約終了になったわけなので次の職を探さないといけないのです。

もちろん起業するとか、ある意味では金さえ稼いで食えれば良いわけなので、それこそアフィブロガーとかYoutuberとか(成功するしないは置いておいて)選択肢もあったわけですが、それはそれ。普通にどっかの企業に潜り込もうと。

仮に、本当に起業するにしてもまずは資金を貯めてからでないといけないわけだし(貯金なんて、ほとんどないのです。浪費しまくっていた自分が悪いのですが……)とにかく、次の職です。

 

といっても、すぐに見つかる訳もなく、お金が底を付いてしまうのはマズイ。

とくれば、初めてのハローワークです。

失業保険ウマーする為に、退職時に色々貰っていた書類を手に4月になってから直ぐにハローワークに突撃。

同じように契約社員の5年問題で切られてしまった人が大量にいたのか、別の理由かは不明ですが、激混み。

運転見合わせして駅構内で押し競饅頭でもしてんのか? というのは誇張のし過ぎですけど施設内にあった待合の椅子は全部埋まっていて、立ってないといけない状態がずっと続いていました。

 

ハローワーク初心者だった(玄人にもなりたくないけど)ので、毎日激混みかもしれませんが、うひゃー人多い! と思ったのが率直な感想。

そして職員の人も、仏頂面の人が多い。

特に受付していた人は、なんというかかなり態度が悪い印象を受けました。

受付のおじさんは、本当に睨みきかせて威嚇していましたよ……

(全部のハロワでそうなっているわけではないはずです。俺の地域のハロワでは。という事は誤解ないように)

 

まるで門番から身を隠すように受付をクリアして、まずはハロワで職探しできるようにハローワークカード作成です。

このカードがないと、ハロワで職探しができません。

 

あまり、長くしてもしょうがないので、今回はここまで。

次に続く……

*1:と書くと、いろいろ問題がありそうですが、詳しく書くと特定されそうなので、ボカしますw

雑記 〜 声優の凄さを感じた 〜

声優といえば、アニメやナレーション、洋画の吹き替え等、声でお芝居する役者さん。

 

その凄さって、素人にはイマイチよく分からない事もあるものですが、ちょっと声優って凄いなぁと、ふと感じたのでなんとなくそれを書いてみようかと。

 

切っ掛けは、プログラミング学習サイト「ドットインストール」と、「paiza」です。

どちらも動画を見ながらプログラムを学んでいくわけですが、ドットインストールは専門知識を持ったその筋の専門職の人が解説をしていて声優ではない。

paizaは声優さん(たぶん)が、台本を貰って声を当てているのだと思います。

 

で、はっきり言ってpaizaのほうが明らかに聴きやすいんですね。

※解説の内容の分かりやすさという点で言うと、語れるほどの知識がないので、なんともいえないのですが……ただ個人的にドットインストールのほうが学び取れる情報が多いのではないかと思います。

 

音節って言うんでしょうか? 詳しくは分からないのですが、間の取り方とか文と文をつなぐ時の音程の調子とか、そういうのがスッと耳に入ってくる。

ドットインストールのほうは、とにかく早口でガーッと話している。

そして舌打ちではないんですが……表現し辛いが、話している時に唾液がグチュって詰まっているような音が入っているんです……気にしない人は気にしないと思いますが、一度気になると、もうとことん気になってしまう……そんな感じです。

※ちなみに、ドットインストールのHTMLとCSS講座の動画です。他の講座の場合は、おそらく解説している人が違うと思うので、聞き取りやすいのかもしれません。

 

似たような動画を、声を当てるという点で言えば素人のドットインストールと、プロのpaiza。

直近で聴く機会があったので、率直に「あ〜、声優って凄いな」と感じたのです。

「声を当てるだけなんて誰でもできる」とか思っていたわけではないですが、やはり声のみであらゆる物を表現しなければいけない声優って、凄まじい人達なんだな〜

 

はい、それだけです。

Ploom TECH 対 glo

タイトルは大仰ですが、大した内容ではなく自分が愛用している「Ploom TECH」と「glo」の比較と言いましょうか……そんな内容の物です。*1

※iQOSは使ったことありません。

 

の前に、一応Ploom TECHとgloとは何か? というのを、軽く。

と思ったが、両方とも詳しく書いてくているWikipedia先生がいるので、そちらを参照してしてもらいましょう。

 

Ploom TECH - Wikipedia

glo (加熱式タバコ) - Wikipedia

 

元々は、紙巻煙草を愛用していましたが、別に健康に気を使ってとかいう理由で変えた訳ではなく、というかどんな形であれ煙草を吸っている時点で、健康もクソも…という……

ちょっと軽い入院をして、その間は禁煙していた訳ですが、当たり前のようにお医者様に「煙草やめんか!」と説教を貰い、しかし長年吸っている訳なので簡単に止めることも出来ず、怪我が完治するまでの間で紙巻きではなく「加熱式なら、まぁいいんじゃね?」という理由にもなっていない理由です。

 

と言うことで、本題に。

 

まず、自分はPloom TECH推しです。

理由は、

・見た目がスタイリッシュである事

・手軽さ

・公式グッズが豊富

のため。

スティック状の作りで、バッテリーが残っていれば口に含んで吸うだけで蒸気が出る仕組み(タバコカプセルの使用限度があるので、限界に達すれば交換が必要ですけども)

他の加熱式のようにタバコを挿してから、加熱するまでのタイムラグがないのが、とても使いやすいです。

公式グッズも、インテリアとして使ってもおかしくない物が多くて、見た目を気にしてしまう小者の自分にはぴったりです!

f:id:BLUEDRAGON:20180610232151j:plain

例えば、こんな感じのスタンドとかです。

 

ちなみに、2018年6月現在ではフレーバーとして5種出ていて、愛用しているのはレッド・クーラーです。

 

メビウス・レギュラー

メビウス・メンソール

・ビウス・レッド・クーラー

メビウス・パープル・クーラー

メビウス・ブラウン・アロマ

 

たまに、パープル・クーラー使いますがレッドばかり吸っています。

他のものは実は吸ったことがなく、いつかそれぞれのフレーバーのインプレッションもしようかとは思います。

 

唯一の難点があるとすれば「これ? 本当にニコチン入ってるの?」と言うぐらい、軽いです。

ほとんど、ただの蒸気を吸っているだけという感覚です。

そのおかげで、ひたすらに吸っていられます。本当にずっと吸っていられるのです。止めどきがわからんほどに。一箱分を一気に消費しても、煙草吸ったかなぁ? という感覚を覚えるぐらいです。

 

そしてフレーバーも止めどきを分からなくしている一因。

愛用しているレッド・クーラーのフレーバーはアップルミントなのですが、本当にアップルミントの味で、いわゆる煙草っぽい味が全くしません…そのせいで無限に吸っていられるのです……これを悪いと捉えるか、良いことと捉えるかは、人それぞれ。自分は、ちょっと悪いかなぁ〜とか思っていたりもします。

なぜなら吸いまくれる為に、すぐに消費してしまって紙巻烟草を買っていた時より、明らかに¥の消費ががが……と言う状態なのです。

 

それでもPloom TECH推しなのは、やはり見た目です。

ぶっちゃけ紙巻を吸っていた人がいきなりPloom TECHに移行しても長続きしないと思います。

煙草を吸っている感覚が全くなくて、飽きてしまうかと。

自分は、入院という強制的に禁煙しなければいけない事態が発生したために紙巻から移行できましたけど、逆を言えば禁煙したい人や煙草の量を減らしたい人は強制的に禁煙せざる負えない状態になれば、紙巻からPloom TECHに移行できるとも思います。

(といっても、今でも紙巻吸いたい気持ちもありますけどね。今の所、Ploom TECHで我慢のできる状態です)

 

さて、思ったよりPloom TECHのことで長くなってしまったので、gloは方は別記事にして、後日にします。

 

Ploom TECHが気になっている人は買ってみて損はないと思いますので、思い切って買ってみましょう。

今なら、全国のコンビニで普通に買えますし!

*1:とはいえ、両方とも発売してしから結構日が経っていて、同じような事を書いてる人も多いでしょうから、あまり面白くないかもしれませんが ^ ^;