POWER OF SMILE

幸運は案外、待ってるだけでやってくる

雑記 〜 声優の凄さを感じた 〜

声優といえば、アニメやナレーション、洋画の吹き替え等、声でお芝居する役者さん。

 

その凄さって、素人にはイマイチよく分からない事もあるものですが、ちょっと声優って凄いなぁと、ふと感じたのでなんとなくそれを書いてみようかと。

 

切っ掛けは、プログラミング学習サイト「ドットインストール」と、「paiza」です。

どちらも動画を見ながらプログラムを学んでいくわけですが、ドットインストールは専門知識を持ったその筋の専門職の人が解説をしていて声優ではない。

paizaは声優さん(たぶん)が、台本を貰って声を当てているのだと思います。

 

で、はっきり言ってpaizaのほうが明らかに聴きやすいんですね。

※解説の内容の分かりやすさという点で言うと、語れるほどの知識がないので、なんともいえないのですが……ただ個人的にドットインストールのほうが学び取れる情報が多いのではないかと思います。

 

音節って言うんでしょうか? 詳しくは分からないのですが、間の取り方とか文と文をつなぐ時の音程の調子とか、そういうのがスッと耳に入ってくる。

ドットインストールのほうは、とにかく早口でガーッと話している。

そして舌打ちではないんですが……表現し辛いが、話している時に唾液がグチュって詰まっているような音が入っているんです……気にしない人は気にしないと思いますが、一度気になると、もうとことん気になってしまう……そんな感じです。

※ちなみに、ドットインストールのHTMLとCSS講座の動画です。他の講座の場合は、おそらく解説している人が違うと思うので、聞き取りやすいのかもしれません。

 

似たような動画を、声を当てるという点で言えば素人のドットインストールと、プロのpaiza。

直近で聴く機会があったので、率直に「あ〜、声優って凄いな」と感じたのです。

「声を当てるだけなんて誰でもできる」とか思っていたわけではないですが、やはり声のみであらゆる物を表現しなければいけない声優って、凄まじい人達なんだな〜

 

はい、それだけです。